節水は避けよう

トイレのつまりに対してですが、基本節水はしないように心がけることが大切です。もちろん節水をしないことに対して賛成というわけではありませんし、節水ができることに越したことはありません。ですが、トイレの節水に関しては十分に考える必要があります。

便器まず、便器には、決まった流水量というものがあります。そのため、テレビで見かけるような節水術というのは正直なところ間違った情報でもあるのです。使う水を減らすことを目的として、ペットボトル、ビール瓶をタンクに入れるようなことをしたら良いということも言われているわけです。また、水の量を減らす節水弁のようなものを使うと良いなどと言われているわけですが、これらは使わないようにしましょう。本来流れるべき水の量が減ってしまうと、正しく異物を流すための水も減ってしまいますから、間違いなくつまりやすくなると思っておくと良いです。もしも節水するのであれば、便器そのものを節水エコタイプのものに変えるようにしましょう。

環境のことを考えて節水をするということはとても大事なことですが、それがかえってトイレのつまりを招いてしまうという可能性もあるわけです。十分に気を付けるようにしたいものです。

どんなものなら流せるのか

流すものに関してですが、ティッシュペーパーを流すのは避けるようにしましょう。1回流した程度ですぐに詰まるというわけではありませんが、水につけたところで原形がすぐになくなるというわけではありません。1枚ならばともかく、複数枚固めて流してしまうと一気につまってしまう可能性もあります

ティッシュペーパーティッシュペーパーのなかにはトイレで流せると謳っている製品があります。しかし、流せるとは書いていても、たくさん流した時に詰まらないという保証はありません。そのため、できればごみ箱に捨てるという選択が望ましいです。流れることは流れたとしても、もしもそれが原因でトイレ詰まりが起こってしまったら、どこにも文句は言えません。そのほか、ペット用の流せるトイレの砂にも注意しましょう。トイレに流す方もいらっしゃるかもしれませんが、もしもつまってしまった場合には、修理の時にも大変なことになってしまうのです。

実際のところ、流しても良いものはトイレットペーパーだけだと思っておきましょう。もちろん、トイレットペーパーも流し過ぎるとつまってしまう可能性が十分にありますから気を付けておきたいところです。それ以外にも、基本的に異物は流さないように注意しておくことが大切です。それでは、最後に節水について説明します。

トイレのつまりはどうして?

トイレのつまりというのは、いつ何が原因で起こるか分かりません。何かしらの不注意があってこそのトイレつまりです。しかし、時には何もしていないのにトイレのつまりが起こることもあります。 もしも、何もしていないのにトイレつまりが起こってしまったとしたら、それは経年劣化が原因になっているのかもしれません。

トイレ詰まりしかし、そんなに年月が経過していないのにも関わらずトイレ詰まりが発生するということは、すなわち何かしらの不注意が起こっていることが考えられるのです。 経年劣化によるつまりはどうしても防ぐことができませんが、不注意によるつまりは、少しだけ気を付けることで防ぐことができるはずなのです。トイレのつまりを起こさないようにするためにも、最低限の予防法は知ってくべきなのです。

例えば、トイレに流すものについては十分に気を付けておきたいところです。トイレに流すものと言ったらやはり紙だと思います。しかし、紙は紙でもティッシュを流しているということはないでしょうか。トイレにはトイレットペーパーを流すのが当たり前といっても良いくらいです。ティッシュとトイレットペーパーは材質が違うため、流さないように注意が必要です。また、当然ですが異物も流すのは避けなければなりません。そして、意外なことかもしれませんが、節水はしないように心がけましょう。 こうしたことについて、ここではしっかりと理解を深めていってほしいものです。