どんなものなら流せるのか

流すものに関してですが、ティッシュペーパーを流すのは避けるようにしましょう。1回流した程度ですぐに詰まるというわけではありませんが、水につけたところで原形がすぐになくなるというわけではありません。1枚ならばともかく、複数枚固めて流してしまうと一気につまってしまう可能性もあります

ティッシュペーパーティッシュペーパーのなかにはトイレで流せると謳っている製品があります。しかし、流せるとは書いていても、たくさん流した時に詰まらないという保証はありません。そのため、できればごみ箱に捨てるという選択が望ましいです。流れることは流れたとしても、もしもそれが原因でトイレ詰まりが起こってしまったら、どこにも文句は言えません。そのほか、ペット用の流せるトイレの砂にも注意しましょう。トイレに流す方もいらっしゃるかもしれませんが、もしもつまってしまった場合には、修理の時にも大変なことになってしまうのです。

実際のところ、流しても良いものはトイレットペーパーだけだと思っておきましょう。もちろん、トイレットペーパーも流し過ぎるとつまってしまう可能性が十分にありますから気を付けておきたいところです。それ以外にも、基本的に異物は流さないように注意しておくことが大切です。それでは、最後に節水について説明します。